沿革

会社の歴史
技術・製品開発の歴史
創業
昭和38年(1963年)
(有)東邦電⼦製作所設⽴
創業者 河本洋次
真空管式温度調節器
⾼抵抗サーミスタ素⼦開発
昭和42年(1967年)
ヒューマ温湿度計
厚膜IC関連事業参⼊
⾼度成⻑期
昭和44年(1969年)
相模原市淵野辺に新⼯場設立移転
湿度・乾湿センサ
葉タバコ醸造乾燥⾃動制御装置
⽔耕栽培の⽔質養分装置開発
昭和45年(1970年)
東邦電⼦株式会社 資本⾦200万円
(有限会社より業務承継)
福島県桑折町に⼯場新設
初期コンピュータ⽤メモリコア・温度調節器
昭和51年(1976年)
⼤阪営業所開設(北区天神橋)
昭和52年(1977年)
本社社屋を相模原市淵野辺に新築
資本金600万に増資
昭和57年(1982年)
新潟県守⾨村(現⿂沼市)に⼯場新設
(福島県桑折町より移転)
「パールビジョン」
無線式デジタル温度表⽰器
(第25回全⽇本中⼩企業総合⾒本市優秀商品)
多⾓化
昭和59年(1984年)
優良⼯場(神奈川県知事表彰)
昭和60年(1985年)
東京営業所開設(新宿区)
昭和61年(1986年)
超⼩型温度調節器(⾃動チューニング機能) 温度調節器シリーズ化【配電盤、プラスチック射出成型機
⾷品包装機などの機器に取り付け温度設定通りコントロール】
昭和62年(1987年)
優良工場(相模原市長表彰)
昭和63年(1988年)
神奈川県標準⼯場認定
注射針処理機「CABIN」開発
16ビットMPU採⽤の⼩型温度調節器開発
平成元年(1989年)
資本金2,400万円に増資
新たな挑戦
平成5年(1993年)
相模原市テクノパイル団地内新本社新設移転
(相模原市中央区⽥名)
平成6年(1994年)
熊本営業所・⼯場(熊本市東区)
半導体ウエハー検査治具(プローブカード)⽣産
平成7年(1995年)
【中⼩企業庁⻑官賞】受賞
⽇刊⼯業新聞社優秀経営者顕彰「地域社会貢献者賞」
平成8年(1996年)
ISO9001審査登録
平成9年(1997年)
⽣ごみリサイクルたい肥化装置「イースター」開発
平成11年(1999年)
「かながわ中⼩企業モデル⼯場」指定(神奈川県知事)
半導体ウェハー検査治具・周辺機器開発・半導体分野事業に積極参⼊
平成12年(2000年)
河本悟代表取締役・河本洋次取締役会⻑に就任
第17回神奈川県⼯業技術開発⼤賞
【シリコンプローブ開発】
第1回相模原地域経済賞受賞(相模原市)
平成13年(2001年)
創業者河本洋次 相模原商⼯会議所会頭・神奈川県商工会議所 連合会副会頭〜平成25年(2013年)
韓国現地法⼈
フロンティアテクノロジー賞受賞
平成14年(2002年)
新潟⼯場新設(守⾨)
平成16年(2004年)
上海現地法⼈
平成17年(2005年)
医療機器製造業許可(新潟⼯場)
平成18年(2006年)
資本⾦4800万円に増資
⻘⼭学院⼤学との産学連携
「フォロワー制御開発」【多チャンネル温度同調制御】
平成19年(2007年)
ISO14001:2004環境マネジメント審査登録
平成22年(2011年)
創業者河本洋次 旭日小綬章受章
新潟⼯場新設(⼩出)
相模原商工会議所環境対策優良事業所
平成24年(2012年)
創業50周年記念式典
平成25年(2013年)
創業者河本洋次 相模原商工会議所名誉会頭就任
⼯学院⼤学との産学連携
「温度制御における同時昇温」など
平成26年(2014年)
本社移転(相模原市緑区橋本)
旧本社は相模原営業所(プローブカード営業)・相模原工場として稼働
平成28年(2016年)
2⼯場(小出・守門)統合し新潟工場新設(魚沼市干溝)
平成29年(2017年)
無線センサネットワーク事業展開
【neoMOTE】
平成30年(2018年)
地域未来牽引企業に選定(経産省)
PAGE TOP