neoMOTE 無線センサネットワーク neoMOTE 無線センサネットワーク

無線センサネットワークとは
Wireless Sensor Network, WSN

無線センサネットワークは、センサを内蔵した無線センサノードや無線化ユニットに他の様々なセンサや、機器・装置を接続して多種多様なデータを収集するための基盤です。
ネットワークに無線を使用することで、ネットワーク導入・運用コストと、時間を削減できます。
また、無線センサネットワークはIoTのセンシング・データ収集基盤として活用できます。

有線センサネットワークを導入時に
こんな問題はありませんか?

ケーブル敷設スペースが既設ケーブルで埋まっていて設置が難しい

屋外設置を希望だが、新たに大がかりな工事が必要 

ケーブル敷設のための現場調査、工事図面作成、資材調達、工事などが必要

ケーブル敷設を行う際、操業、業務への影響が出る

neoMOTEなら導入・運用保守の時間とコスト
スペースの削減が可能です

さらに

専門的なIT・ネットワークの知識や経験はいりません。

neoMOTE製品理解でOK。有線RS485通信の知識・経験で対応可。

現場主導の企画、導入、運用保守が可能。

基地局と子機だけというシンプルな構成が基本

試験的導入から本格的な導入まで、シンプルにできます。

変更や拡張も簡単

変更や拡張は子機や親機の追加で対応可能。既設部分への干渉はありません。

柔軟性、拡張性に優れています。

neoMOTEの基本構成

  • 親機(基地局)と子機というシンプルな基本単位で試験的導入(例:PoC(プルーフオブコンセプト、概念実証))から本格導入に対応可。
  • 必要に応じて中継器を設置して通信距離の延長や通信状態を改善

導入例

広域データ収集・監視

(広域ガス消費量家計測)

主要商品

RS485無線化ユニット
(WS-Z6000A)

  • 3つの機能:基地局(親機)、子機、中継器
  • 基地局: サーバやPCLからのデータ収集要求にしたがって、無線センサノードや子機としてのRS485無線化ユニットに接続されているセンサや機器からデータを収集。 Modbus等の各種コマンドの対応。
  • 子機:RS485対応センサ、機器、装置を接続して無線化。
  • 中継機:通信状態の改善や通信距離の延長のために必要に応じて設置。 メッシュ(網目状)ネットワークを自動構築して最適経路を自動確保。
  • ACアダプタ 又は 外部電源

温湿度センサノード
(WS-Z3027)

  • 温湿度を測定して1分周期で送信。
  • 温度: -20℃~60℃ 湿度: 0~90%RH
  • 電池駆動(5年以上)

デマンドパルスノード
(WS-Z3030)

  • 電力メータから出力される電流パルス信号を計測して、1分周期で送信
  • 検出パルス定数: 50,000pulse/kWh
  • 電池駆動(2年以上)又は ACアダプタ 

パルス入力ノード
(WS-Z3028)

  • 一般機器からのパルス出力を計測し、1分周期で送信。
  • 入力方式:無電圧a接点 又は オープンコレクタ
  • 電池駆動(5年以上)又は ACアダプタ

温湿度センサノード
(WS-Z3033)

  • 専用のサーミスタを接続し4点の温度を計測し、1分周期で送信。
  • 温度: -40℃~100℃
  • 電池駆動(5年以上) 又は ACアダプタ

よくある質問はこちら

ダウンロードコンテンツはこちら

お問い合わせはこちら

PAGE TOP